「虫眼鏡キーワード」、「関連キーワード」と「サジェストキーワード」の違いとは?

「虫眼鏡キーワード」、「関連キーワード」と「サジェストキーワード」の違いとは?
スポンサードリンク

こんにちは。

前回、「キーワード選定が最も大事!なぜなら検索されないキーワードでは集客することができないから。」ということでキーワード選定の重要性を書かせていただきました。

今回は、「どこからキーワードを探せばいいか」ということについて解説していこうと思います。

 

最初に答えを書いてしまいますが、キーワードを選定する上で使うのは「虫眼鏡キーワード(Yahoo)」、「関連キーワード(Google)」、「サジェストキーワード」になります。

順を追って解説をしていきますね。

 

虫眼鏡キーワードとは

まずは、「Yahoo(ヤフー)」で「野球」と検索をしてみます。するとこのような検索結果が表示されます。

 

虫眼鏡キーワード

 

 

虫眼鏡キーワード

 

このように「虫眼鏡マーク」が付いたところに、「野球+キーワード」が表示されます。(上部だけではなくページの下の方にもありますので注意してください。)

このキーワードをクリックすることにより「野球+2語キーワード」、「野球+3語キーワード」というものが出てきます。

ただし、もともと検索されないようなキーワードの場合には「虫眼鏡キーワード」は表示されません。

 

関連キーワードとは

Googleの検索窓に「野球」と打ち込むと以下のような検索結果となります。

 

Google関連キーワード

 

赤枠で囲った部分が関連キーワードとなります。Yahooの虫眼鏡キーワード同様に表示された関連キーワードをクリックすることに2語、3語の複合キーワードが表示されます。

 

サジェストキーワードとは

Googleの検索窓に「野球」と入れてみます。(エンターキーは押さないでください。)

そうすると以下のように表示されると思いますが、これがサジェストキーワードになります。

 

サジェストキーワード

何が違うのか?

いろいろなブログを拝見すると「サジェストキーワードを使ってタイトルを決めましょう」というものの見受けますが、それも良いのですが優先すべきキーワードは「虫眼鏡キーワード(Yahoo)」や「関連キーワード(Google)」です。

 

「サジェストキーワード」は「検索するための補助ツール」にすぎません。ですので、実際に多くのユーザーが検索しているというキーワードではありません。あなたのこれまでの検索履歴や今、一瞬検索需要が多くなっているだけのものもあるのです。

最近は減りましたが、このサジェストに自分の出したいキーワードを出させるというサービスがあり実際、荒れていました。完全にスパム行為ですよね。サービスとして提供する会社。。。信用できませんね。それほど効果もないですし!

 

これに対して「虫眼鏡キーワード(Yahoo)」や「関連キーワード(Google)」は実際に多く検索されているキーワードが並んでいます。まずは、このキーワードを中心にタイトルを考えブログ記事にするなり、商品ページを作ることが重要です!

 

「虫眼鏡キーワード」、「関連キーワード」を一括抽出するツール

2016.04.19

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

最終的に、お客様だけでブログ・サイトを運用し集客できること」を目指し、わかりやすい情報提供とサポートプログラムをベースに活動をしています。趣味は、ローカル鉄道に乗ること(乗鉄)と、お城を愛する中年ライターです。   詳しいプロフィール → こちら   実績 → こちら