ネット通販 サイト制作・運用支援(BtoC)

お客様がネットショップASP会社から表彰を受ける

ある上場企業の子会社のネットショップの再構築を依頼されました。その際のシステムの問題点は、オープンソースを使い、オリジナルで開発をされていたことでした。(もちろん、外部企業が開発)その時には、Aさんの送られないといけないメールがBさんに送られてしまうということがあったようです。早急な対応が必要でした。

提案としては

  1. ネットショップASPを利用すること
  2. どんな順で商品掲載をしていくか整理をしていくこと
  3. 兼任ではなく、1名は専任担当者をつけること

でした。

では、1つずつ紐解いていきます。

 

1. ネットショップASPを利用すること

今では数多くのサービスがありますが、ショップサーブ(Eストアー)やMakeshopに代表されるカートシステムや決済システムを導入するのが簡単なASPサービスです。このとき、ご提案をさせて頂いたのが、Eストアー社のショップサーブでした。(今回のお客様は、システムに問題を抱えていたものの、すでに稼働実績もあり、固定のお客様もついておりましたので、ショップサーブを選択しました。)

はじめてネットショップを立ち上げる場合には、このようなネットショップASPを使用することは基本、ご提案いたしません。それは、集客に困るからです。(リスティング広告などのネット広告に大きな費用をかけられる場合には問題ありません。)このような場合には、販売ロイヤリティなどが発生するリスクはありますが、Yahooショッピング、楽天市場、Yahooオークションなどをお勧めします。

お客様ご担当者の努力もあり、数値は順調に延び、このサイト以外に、楽天市場、Yahooショッピングへの出店も同時並行で進めていくことになりました。ここで問題になってきたのが、在庫の連動になりました。1つしかない商品を3店舗でそれぞれ行ってしまうと、在庫が3点あることになってしまいます。その際に用いたのが、「ネクストエンジン」というサービスでした。現在では、多くの多店舗連動システムがあるようですが、当時は少ない中からいろいろと検討をし導入をしました。

 

2. どんな順で商品掲載をしていくか整理をしていくこと

商品の掲載については、お客様がどうしたいのか?という思いの中から、最善の方法をご提案することを常に考えています。お客様からしてみれば、やるからには、「早く掲載してたくさん売りたい」と思うものです。それはよく理解できます。また、初めてネットショップを立ち上げるお客様にしてみれば、ネットショップは魔法の杖のごとく過度な期待をしてしまいがちです。しかしそうしてしまうと、だれに向けて販売しているのかわからなくなってしまいます。

こちらの企業様は、幸いネットショップでの販売経験があったことと、実店舗での販売をしていたためにある程度の売れ筋商品を把握していました。それらのデータから、売れ筋商品のカテゴリを最優先にしてサイトへ順次掲載をしていくことにしました。(ここで重要なのは、しっかりとスケジューリングすることだと考えております。お客様に何を優先して提案していくのか、社内統一が必要ということになります。)

 

3. 兼任ではなく、1名は専任担当者をつけること

特に初めてネットショップをされるお客様は、ネットショップに過度な期待をされていることが多いです。(ネットショップを作っただけでは、砂漠のど真ん中にお店を開いたのと同じです。)その割には、ネットショップの責任者において、他の仕事を兼務させることが多いです。担当者にしてみれば通常業務もあり、ネットショップもしないといけないということはかなりの負荷となります。

また、初めてやることについてはネットショップにかかわらず、腰が引けるものです。人は環境の変化に拒否感を持つ生き物だからです。そうすると通常業務を優先することになり、ネットショップはいつまでも立ち上がらずに、立ち上がったとしても「作っただけ」ということにあり、サイトに何も反応がなく、ゆくゆくは「ネットショップはダメだ」という悪しき前例ができることになってしまいます。

そういった点からも、ネットショップを構築する際には、専任担当者を置く必要があると思います。また、仮に専任担当者を置く場合でも、大きな間違いを起こすことが多いです。それは専任担当者に「インターネットに詳しい人」、「パソコンに詳しい人」を選んでしまうことです。

確かにそう思いたくなるのもわかりますが、「営業にお客様のところに出向いて商品をご提案する」、「お店に来店して頂いたお客様に商品をご提案する」ということと「ネットショップで商品を販売すること」は全く変わりません。ですので、専任担当者には「自社商品をよく理解している人」というご提案をさせて頂きます。

パソコンに詳しい人もいけなくはないですが、機能的なことへのこだわりが出る傾向にあります。

 

どういう結果が得られたのか

初めに構築したネットショップASPの年間表彰を受けるまでになりました。カテゴリはお伝えすることはできませんが、その年の同じカテゴリの店舗 約30,000店舗の中から1位に選ばれました。もちろん、この結果は、お客様の専任担当者とそれに協力した上司の方や同僚の方の努力のたまものであることはいうまでもありません。

そして現在は、自社ドメインと楽天市場にてネットショップを展開中です。(ネットショップにおいては、機能拡張するために、ネットショップASPを卒業し、カスタマイズのしやすい仕組みへのリニューアルを図りました。)

 

当社の実績ページは、数字を羅列するだけのものを目指していません。そこからの気づきをシェアし、今後の皆さまのビジネスに少しでも役に立つことを目的としています。

 

 

その他の実績