BASE(ネットショップ作成)で複数商品をインポート機能を使う方法

BASE
スポンサードリンク

はじめてネットショップを運営する場合には、EC-Cubeなどの通販システムを導入するには、金銭的、時間的、技術的にハードルが高いために、「ECサイトのASP」と言われるサービスを利用して立ち上げるのが一般的になっています。

そんな時に「ECサイトのASP」をどれを使うかということで、悩む方も多いと思います。

有名なところとしては、Eストアー社のショップサーブ、GMOメイクショップ株式会社社のMakeshop、GMOペパボ社のカラーミーショップがありますが、基本、どれも費用が掛かります。

中には、基本料以外に販売できた場合の手数料が必要なものがあります。

そんな時にオススメしたいECのASPとして「BASE」というものがあります。

今回は、そんな「BASE」において、商品情報を一気に登録する方法について書いてみようと思います。

方法はとても簡単で、間違えることはないでしょうが、今回は少しインポートするデータに不足を持たして、どのようなエラーが起きるかのテストもしてみましたので、参考にしてもらえれば幸いです。

尚、「インポート」とくると「エクスポート」ということを考えられると思いますが、「BASE」に「エクスポート」の機能はありません。売れなければ基本「0円」のシステムなので、このあたりは仕方がないと思います。

将来的に商品販売が軌道にのり、別のECサイト用のASPや自社でECサイトを立ち上げる可能性がある場合には、ローカルPCで商品台帳の作成や商品の写真を管理しておくことをお勧めします。

CSV管理機能Appsをインストール

①BASEにログイン後、最上部にあるメニューの「Apps」の中から「CSV管理」をクリックしインストールを行います。

BASE BASE

②まず、ご自分の商品リストを作る前に「サンプルファイルのダウンロード」にある「CSVサンプルのダウンロード」からファイルをダウンロードします。

このファイルの拡張子は、「.csv」になりますので、エクセルおよびエクセル互換の表計算ソフトが必要になります。

BASE

③②でダウンロードしたCSVファイルを開き、どのような情報が入力可能か確認し、ご自分で用意された商品をまとめたファイルの内容をダウンロードしたCSVファイルのレイアウトに合わせます。この際の注意点としては、1行目の項目を削除することや、書かれている項目名を変更することはNGとなります。

BASE
  • ダウンロードしたCSVファイルの項目説明
項目名 説明
商品名 商品の名称になります。必ず、入力してください。また、ページのタイトル名にもなりますので、SEO対策において重要な部分になります。
 説明 商品についての説明を入力する欄となります。
価格 商品の価格になります。税込みでの入力が必要になります。
在庫数 商品の在庫数を入力してください。
公開状態 すぐに公開したい場合は「1」、非公開にしたい場合は「0」を入力してください。
表示順 ショップに並べる順番となります。順番については、インポート後、商品管理から簡単に変えることができます。
種類名 1つの商品でサイズなどの種類がある場合に使用します。
種類在庫数 「種類名」で設定したものの在庫数となります。
カテゴリ 商品カテゴリを使い場合に設定をします。
画像1 商品画像ファイル1の画像名を入れます。
画像2 商品画像ファイル2の画像名を入れます。
画像3 商品画像ファイル3の画像名を入れます。
画像4 商品画像ファイル4の画像名を入れます。
画像5 商品画像ファイル5の画像名を入れます。

 

④ダウンロードしたインポート用のCSVファイルと同じレイアウトで商品リストができたら、その商品リスト内に記載した画像を用意し、任意のフォルダに入れて圧縮します。

⑤CSV管理機能のファイルの選択から用意できた「CSVファイル」と「画像を圧縮したフォルダ」を選択し「確認する」ボタンを押します。確認できる画面が表示されますので、それで問題なければインポートいてください。

インポートする際の注意点

画像ファイルは漏れなく用意

CSVファイルの「画像」の項目に画像名が入力されているものの実際の画像フォルダに画像がない場合には、インポートの処理が途中で止まってしまいます。

ちなみに、どれくらい画像がないと処理が停止してしまうのか?

というと、「連続で30回」 画像がない状態が続くと処理が止まってしまうので注意が必要です。

CSVファイルの中身をしっかりと確認する

私が見つけられていないだけかもしれませんが・・・(汗)

商品管理画面から登録した商品を削除する場合には、1つ1つ「削除」の処理をしていくことになりますので、50や100商品の削除であれば、問題ないと思いますが、500とか1000商品になった場合の商品の削除時間は、とてももったいないですので、CSVの中身をしっかりと確認することをお勧めします。

編集後記

BASEについては、今回、初めて触ってみましたが、とても初心者向きだと感じました。

ただ、独自ドメインを設定する場合には、多少、ハードルが高くなると思いますので、そちらについても次回、ご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

最終的に、お客様だけでブログ・サイトを運用し集客できること」を目指し、わかりやすい情報提供とサポートプログラムをベースに活動をしています。趣味は、ローカル鉄道に乗ること(乗鉄)と、お城を愛する中年ライターです。   詳しいプロフィール → こちら   実績 → こちら