こんなSEO対策をうたう業者には気を付けろ!あとから泣きをみるのは自分。

こんなSEO対策をうたう業者には気を付けろ!
スポンサードリンク

こんにちは。今日は、少し過激なタイトルをつけてみました。

こんなSEO対策をうたう業者には気を付けろ!あとから泣きをみるのは自分。

 

最近は、Googleを欺くようなタイプのSEO対策業者が氾濫していたが、Googleの検索エンジンの精度の向上や手動で対応をするようになったので、最近は多少減ったようだが、まだまだいるのが事実。気を付けていただきたいと切に思います。

 

パターン1(何も教えてくれない)

わたしが電話を受けたときのやり取りを通して撃退をしてみます(汗)

SEO業者
貴社のサイトを見せていただきました。とてもきれいなサイトですね。このサイトをもっと見てもらえるようにしましょう。わたしたちに任せてもらえれば、検索順位を上げることができます。
わたし
へえ~。そうなんですね ← 素人っぽく

で、どうやってやるんですか~

SEO業者
すいません。企業秘密なんで答えられないんですよ。
わたし
そうなんですか。でも人ってわからないものにお金って払いますかね。
SEO業者
いや~。これまでの実績は○○でてますので、絶対に大丈夫です。
わたし
すいません。質問に答えてくれませんかね。←少し声色を変えて。
SEO業者
いや~申し訳ありません。でも、絶対に損はさせませんので。
わたし
わたしは何をもってあなたを信用するのですか? できないでしょ。

じゃあ、家に生命保険勧誘の電話がかかってきて、補償内容は言えませんがいい保険なので入ってください。と言われてあなた、入りますか?

SEO業者
・・・(無言)
わたし
じゃあもう話をする必要はないね。
SEO業者
わかりました。またお電話させていただきますので、○○社の□□のことは覚えておいてください。
わたし
はあ? なんで? ← 私のスイッチがONになる!

そんな無駄な事、覚えておかないといけないの? あなた何様? 二度と電話してこないでください。次、電話を掛けてきたら警察に相談するから。

と言って終了しました。ちなみに特定商取引法に以下のような条項がありますので、知っておくといいと思います。ただ向こう側の人間は知らない場合が多いが。。。

特定商取引法

第二章 第四節 電話勧誘販売

第十六条(電話勧誘販売における氏名等の明示)
販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売をしようとするときは、その勧誘に先立つて、その相手方に対し、販売業者又は役務提供事業者の氏名又は名称及びその勧誘を行う者の氏名並びに商品若しくは権利又は役務の種類並びにその電話が売買契約又は役務提供契約の締結について勧誘をするためのものであることを告げなければならない。

第十七条 (契約を締結しない旨の意思を表示した者に対する勧誘の禁止)
販売業者又は役務提供事業者は、電話勧誘販売に係る売買契約又は役務提供契約を締結しない旨の意思を表示した者に対し、当該売買契約又は当該役務提供契約の締結について勧誘をしてはならない。

 

パターン2(教えてくれるが、責任は逃れる)

途中からにしますが・・・

わたし
どんなことをするんですか?
SEO業者
他のサイトからあなたの会社のサイトにリンクを張っていきます。
わたし
それは問題ないのですか?
SEO業者
わたしたちが自社で立ち上げた問題のないサイトからのリンクですので大丈夫です。
わたし
「問題ない」というが、それはGoogleが言っているわけではないですよね。なぜ大丈夫と言い切れるのですか?
SEO業者
これまでの実績から問題ありません。 ← まったく会話にならないので話を変える。
わたし
じゃあGoogleからペナルティを受けたときの対策は?
SEO業者
ペナルティについては大丈夫です。
わたし
はあ? なぜ大丈夫と言えるの? 決めるのはGoogleだよね。おたくGoogleだったっけ? ← 私のスイッチがONになる!

Googleもリンクの販売を禁止しているよね。おたくさんはそれをしているということだよね。

うちのサイトがGoogleからペナルティを受けたら影響が出るのは、おたくではなく当社なの。そこへの対策はどうなっているかも説明できないところにお願いできないでしょ。

(もうこれ以上、話しても無理)

もうお電話はいりませんので、掛けてこないでください。

 

という感じですね。

ま、どんな提案がきても契約するつもりはないけどね。だって何か起きた時の言い訳は、「Googleの方針がかわったようで。。。。」と自分たちには全く非がないって言い訳されるだけだからね。

あと、みなさんの疑問があるとしたら、「なんでこんな電話に付き合うの?」というのがあるかもしれませんが、

 

こんな記事を書くため

 

です。

 

みなさんに、「ダメだよ」というだけではなく、相手がどんな風にくるのかわかっていると対応が楽になると思ったので事例収集に日々頑張っております(汗)

みなさん、注意してくださいね。

こんなことをする前に、まずは自社でやれること(コンテンツの充実など)をやりましょうね。

最近のGoogleの評価は外部からの評価よりも内部のコンテンツの質、量、更新頻度が重要になってきていますので。

 

また、SEO業者から勧誘の電話があったら情報収集をして、この場でシェアをしますので、お楽しみに!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

最終的に、お客様だけでブログ・サイトを運用し集客できること」を目指し、わかりやすい情報提供とサポートプログラムをベースに活動をしています。趣味は、ローカル鉄道に乗ること(乗鉄)と、お城を愛する中年ライターです。   詳しいプロフィール → こちら   実績 → こちら